FC2ブログ

αとPENとLUMIXと

お散歩、旅行などの写真、宝探しの結果など。

秋の準備 

久しぶりにお散歩してまいりました。
懐かしの「鼻高展望花の丘」です。何年ぶりかなぁ……前はコスモス満開の時だった気がする。
少林山のあたりにあって、駐車場無料、24時間無料開放されている素晴らしい場所です。
シーズンになると大勢の人で賑わうのですが、今日はほぼ貸切状態でしたね。
思う存分花を撮ることが出来ました。

DSC00892.jpg


さて、今日はミノルタの「AF 24-50mm F4」と「AF Reflex 500mm F8」の二本で出撃です。
24-50は、欲しい欲しいと思いながらもなかなかいいお値段がするので、ご縁がなくてね。
今回たまたま安く落とせたので、さっそく連れてきました。

DSC00895.jpg
24-50mm F4

DSC00903.jpg
24-50mm F4

DSC00898.jpg
24-50mm F4
最大撮影倍率0.18倍と、マクロっぽい使い方もできますね。

DSC00900.jpg
24-50mm F4
うん、遠景も優秀。キレイに写ってくれてます。

DSC00905.jpg
24-50mm F4
ちょっとにじむ感じのボケなので、細かいのには向いてないのかも。

DSC00915.jpg
24-50mm F4
グラデーションがキレイでしょ。

DSC00918_2014091100034011a.jpg
24-50mm F4

さて、新顔の実力もわかってきたところで、先輩にも頑張ってもらいましょう。

DSC00907.jpg
500mm F8
輪郭が美しく浮かび上がってます……

DSC00908.jpg
500mm F8

DSC00912.jpg
500mm F8
真っ赤なじゅうたん。

DSC00921.jpg
500mm F8

DSC00922.jpg
500mm F8

うーむやはりこの子好きだ。
1枚撮ろうとするととても時間がかかるけど、絶対に目では見れない絵を切り取ってくれる。
あ、最後のカラスとかは目でも見えるけどね。
500 Reflex は手放せないなぁ。

DSC00929.jpg
24-50mm F4
なんかすごいよね。何の木なのか全然知らないけど。

DSC00931.jpg
24-50mm F4
ジブリに出てきそうなカフェ……一人で入る勇気はありませんでした。でもかわいいお店。

DSC00939.jpg
24-50mm F4
同じくトトロでもいそうな森。

DSC00933.jpg
24-50mm F4
なんだこのアンテナ群は……

DSC00940.jpg
24-50mm F4

DSC00941_20140911000408071.jpg
24-50mm F4
よくわからないけどすごい……

35-70mm F4 は直線の描写がとってもビシッと決まっていたけど、24-50mm はそつなくこなす感じ。
四隅が少しにじむけど、それは構図次第だからね。

DSC00943.jpg
24-50mm F4
有名な「tanpopo」さん。ジェラートが美味しいんだ。
今日は涼しかったので飲むヨーグルトを頂きました。できたてはやっぱり濃厚で美味だった!

DSC00944.jpg
24-50mm F4
すぐ裏には頑張って働く牛さんたちが。

DSC00946.jpg
24-50mm F4
こう見るとなんか……かっこいいな。
おいしいお乳をありがとうね。

DSC00959.jpg
500mm F8

もはやハウルにしか見えない1枚でラストです。

***

24-50 F4 は常用レンズとしてとても優秀。
なんといっても軽量(約300g)、コンパクト、そして寄れる(最短0.35m)。
28-75 F2.8は、重くて(約850g)、でかくて、寄れない(最短0.85m)。
その三重苦については、余りある描写力でカバーできるといつかの記事で触れましたが……軽さは正義。
とくに旅行とか長時間持ち歩くのに、「本当にこんな重いレンズが必要か?」と何度思ったか分かりません。

すべての欲求を満たすレンズは存在しないため、何かを犠牲にしなければいけないのはわかっています。
「重さ」はもはや、「描写力」よりも重要なファクターなんじゃなかろうか。
一眼レフじゃなくてミラーレスでもいいんですよ。なんてったって軽いし、1日ぶら下げてたって疲れないんだから。

でも、なんで一眼「レフ」がいいのか……はっきりはわからないですね。
頭では「ミラーレスで同じ描写力ならいいよね」って分かってるのに。
覗いて、バッチリ構えて、シャキキッ! ってやりたいんだろうなきっと。
客観的にはとてもくだらない理由かもしれないけど、私のモチベーションはかなり変わる。

だからこそ、そんなに重くなくてまぁほとんどのシーンに対応可能な、そこそこの明るさのレンズ、と考えたらこの24-50はベストに近いベターなのかもね。
24-85とか28-105はちょっと欲張り過ぎな感じはある。あと、足で動かなくなりそう。
24mm、28mm、35mm、50mm それぞれF4の単焦点レンズを持ち歩いていると思えば、自ずと足が動くから。
28-75 F2.8(D)はベストに見えるけど、ニョッキリかなり鏡筒が伸びるのと、ピントリングが逆方向というのがネック……

欲張るのはよくない。控えめくらいがちょうどいい。
しばらくこれでやってみましょう。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://memoriis.blog.fc2.com/tb.php/46-19dc0e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

@apl770011 からのツイート